みなさま、こんばんは。

 

 今日は、太陽電池が普及していくことになった頃のことについて、調べてみたことを書いていきます。

 

 

 1973年、エジプト、シリアとイスラエルの間で第四次中東戦争が勃発。

 

 この戦争によって、サウジアラビアをはじめとするアラブ諸国の産油国の組織であるアラブ石油

輸出国機構(OAPEC)は、イスラエル支援国に対して、アラブ原油の販売停止または、制限を行

い、さらに、石油輸出国機構(OPEC)は、原油価格を4倍にすることを声明しました。

 

 これを、第一次石油危機といい、別名オイルショックといわれている、昭和時代を生きてきた世

代には有名な話ですね。

 

 日本は、この、イスラエル支援国に名を連ねていたので、原油価格の高騰がしばらく続き、高度

経済成長が終わりました。

 

 また、政府は、国を挙げて「省エネ」を国民に呼びかけ、テレビの深夜放送の禁止や、マイカー

の自粛などの国民の協力があり、危機を乗り切ったということだそうです。どうしよう?、・・・

じゃあこうしてみよう!!と、互いに協調しあうところが、さすが日本人ですね。

 

 「ONE FOR ALL, ALL FOR ONE.(一人はみんなのために、みんなは一人のために)」

 

 これは、私の大好きなテレビドラマのスクールウォーズでも使われた言葉です。この精神が、今

の日本へと続いているのではないかと、私は思います。

 

 この出来事をきっかけに、国内に資源を持たない日本は、エネルギーの問題について考えるよう

になり、省エネルギーの推進や、石油の代替エネルギー開発のために、「サンシャイン計画」が始

まりました。

 

 「サンシャイン計画」とは?

 

 次回は、「サンシャイン計画」について書いていきます。

 

 

 

| 代表の日記(つぶやき)

今年の抱負

2017.01.03

 みなさま、新年あけましておめでとうございます。

 

  昨年、G&Eかんぱにぃは、独立電源システム「パーソナルエナジー」を導入しました。その、パーソナルエナジーの稼働状況や、オフグリッドや太陽光発電について思うことを、ブログを通して書き留めてきました。

 

 今年は、さらに、みなさまの知りたいところを、上手にまとめていきたいと思っています。

 

 また、昨年、導入した「パーソナルエナジー」についてですが、パーソナルエナジーにつなげてある、直流電源(太陽光発電)の容量が少ないため、太陽光パネルの増設をして、実証していきたいと考えています。

 

 今年も、よろしくお願いします。

 

 

| 代表の日記(つぶやき)

 みなさん、こんばんは。

 

 今日は、なぜ、太陽光発電が開発されるようになったのか、太陽光発電の誕生についてお話をし

ます。

 

 太陽光発電には、太陽電池が使われています。その、太陽電池は、1954年にアメリカのピア

ソン、フラー、シャピンという3人の研究者によって発明されたそうです。62年も前の話なんで

すね。人間であれば、立派な大人になっているころですね。

 

 その時に、発明されたのは、最も普及の進んでいるシリコン太陽電池といわれるもので、実は、

最初から太陽電池を開発しようとしたわけではなく、トランジスタ(半導体の一種)の研究開発中偶

然に発明されたというエピソードがあるそうです。ということは、もしかしたら発明されていな

かったかもしれませんね。もし、発明されていなければ、どのような世界になっていたのでしょう

か?

 

 当時の太陽電池は大変高価で、とても一般家庭で利用できるようなものではなかったため、特殊

な用途にしか利用されなかったようです。

 

 その、特殊な用途の代表格としては、人工衛星への電力供給があり、世界で初めて太陽電池が実

用化されたのも、人工衛星であったそうです。もし、太陽電池が発明されていなかったら、人工衛

星を打ち上げることができなかったかもしれませんね。太陽電池、さまさまですね。

 

 ちなみに、世界で初めて太陽電池が搭載された人工衛星は、1958年、アメリカ海軍が開発し

た「ヴァンガード1」で、現在でも、地球の軌道上にあるそうです。

 

 太陽電池は大変高価なもの(1wあたり数万円)であった為に、人工衛星のような特殊な用途でし

か利用されなかったのですが、ある出来事をきっかけにして、大きく変わっていくことになりまし

た。その出来事とは・・・                 次回に続きたいと思います。

 

 それではみなさま、よいお年をお迎えください。

 

 

 

 

 

| 代表の日記(つぶやき)

 みなさん、こんばんは。

 

 

 今日は、余剰買電の始まりについて、お話をします。

 

 

 太陽光発電システムを設置されているご家庭の昼間の太陽光発電量は、ほとんどのご家庭で使わ

れている電気の使用量より多いのが一般的で、太陽光で発電した電気を消費した上に、電気が余っ

ているという状況になります。

 

 しかも、この余っている電気は、蓄電池(バッテリー)がない限り、ためておくことができないの

で、電気を捨ててしまうことになります。

 

 

     これ、もったいないですね・・・

 

 

 一方で、太陽光発電システムを設置されているご家庭の夜間は、太陽光発電の発電が停止してし

まうため、ご家庭で使われる電気は、電力会社から購入することになります。         

 

 

     これ、無駄だらけ・・・

 

 

 そもそも、みなさまが買われている電気、どのようにご家庭に送られているのでしょうか?

 

 そうです。電力会社の送電網から送られていますよね。

 

 そして、その送電網は、隣の家も、その隣の家もと、そのエリア全部とつながっています。

 

 また、太陽光発電システムを設置された方の大半は、電気料金の節約を期待しています。

 

 

 そこで、みなさまの太陽光発電による余った電気を、電力会社が買い取ることになりました。こ

れを、系統連系といいまして、1993年に始まり、現在も続いています。余剰買取の始まりって

意外と前からなんですね。

 

 ちなみに、個人住宅で太陽光発電の系統連系を日本で初めて実現したのは、元三洋電機社長の桑

野氏だったそうです。

 

 太陽光発電の余剰買電の始まりについてわかったところで、なぜ、太陽光発電システムが開発さ

れるようになったのか。次回は、この話題について書いてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 代表の日記(つぶやき)

 みなさん、こんばんは。

 

 今日は、いまさら・・・という話題ですが、案外、わかっているようでわかっていないかも?

 太陽光発電と、ソーラーシステムの違いについてお話をします。

 

 

 太陽光発電の工事にかかわりだしたころの話です(約15年ぐらい前?)。

 とある住宅地の一角で太陽光の工事をしている職人さんと、近所を散歩されているご老人との会

話!

   ご老人:「なになさってるんだい?」

   職 人:「太陽光発電の工事です。」

   ご老人:「あー、お湯ができるやつかね?」

   職 人:「それは、ソーラーといって、太陽熱でお湯をつくるもので、今、工事しているの

        は太陽光で電気をつくるものなんだよ。」

   ご老人:「あーそうかね。それで、どれぐらいでお湯になるのかい?」

   職 人:「・・・」

 と、こんな話が、よくありました。

 みなさんの中でソーラーシステムを設置されている方はどれぐらいいますでしょうか?

 

 

 ちなみに、ソーラーシステムというのはなにかというと、太陽の熱エネルギーを利用して水をお

湯にするもので、そのお湯を直接、お湯として使ったり、暖房システム(床暖房など)の不凍液に熱

交換させて使ったりするものをいい、給湯ボイラーや暖房用の温水ボイラーの燃料である、灯油や

ガスの使用量削減の目的で普及したエコな製品です。

 

 これに対して、太陽光発電とは、太陽の熱ではなく、光エネルギーを電気エネルギーに変換する

もので、返還された電気エネルギーを家で使っているテレビや冷蔵庫などの電化製品の電気として

使うものをいい、電気代の節約を目的として普及したエコな製品です。

 

 全く違うものだということがおわかりいただけましたでしょうか? 

 

 太陽光発電の続きですが、太陽光発電を設置されている方はおわかりになると思いますが、昼間

の各家庭の電気の使用量ってあまり、多くないですよね。それなのに、太陽光は明るい時にしか発

電してませんよね。

 これ、無駄になっていると思いませんか?

 次回はここのところを書いてみようと思います。

 

| 代表の日記(つぶやき)

年末年始営業日のご案内

2016年12月
お客様各位


平素はご利用いただき、誠にありがとうございます。
弊社では、誠に勝手ながら年末年始の営業日は下記の日程とさせていただきます。

  年末の営業日  2016年12月29日(木)まで

  ● 年始の営業日  2017年 1月 5日(木)より 

お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解いただきます様お願い申し上げます。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますと共に、2017年も変わらぬ お引き立てのほど
宜しくお願い申し上げます。

| G&Eお知らせ

 みなさん、こんばんは。

 今日から、12月に入りました。

 いよいよ、今年も残すところあと一か月となりました。

 思い返せば、今年も、いろいろなことがありました。

 その一つが、電気の自給自足をめざして、自宅に、太陽光パネルと、パーソナルエナジーを設置

したこと。

 %e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0%e7%94%a8%e3%83%bc%ef%bc%92

 

パーソナルエナジー338

 

 この、設備で、自宅の電気をまかなおうなんて・・・

 ある意味、無謀な試みかもしれません。

 でも、やってみなければわからないし。

 ということで、下の写真のパーソナルエナジーが、3月8日にうちにやってきました。

 それから、遅れて、上の写真の太陽光パネルの設置が3月20日に終わり、これで、オフグリッ

ド生活やと、意気揚々でしたが、なぜか、うまく稼働せず、試行錯誤の繰り返しでしたが、なおら

ず、最後には、パーソナルエナジーの一部入れ替えということになり、7月21日にやっとのこと

で、本格稼働しました。

 こんなに、問題だらけでしたが、正直、うちでよかったという思いです。

 本格的にオフグリッド生活するには、太陽光パネルを含めた直流電源側の増設が必要かと思いま

すが、急がず、焦らず、やっていこうと思います。

 これからも、オフグリッド生活リポート&検証を続けていきますので、よろしくお願いします。

 

| 代表の日記(つぶやき)

検証1

2016.11.24

 みなさん、いかがお過ごしですか?

 久しぶりの投稿です。

 今朝は、雪が積もりましたね。いよいよ、冬の到来ですね。

 今日は、11月分の中部電力様からの「カテエネレポート」が届いたので、少し検証してみたい

と思います。

 下の写真は、電気使用量のカレンダーと、電気使用量の昨年との比較になります。

 

11%e6%9c%88%e5%88%86%e3%80%80%e9%9b%bb%e6%b0%97%e4%bd%bf%e7%94%a8%e9%87%8f%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc

 

%e9%9b%bb%e6%b0%97%e4%bd%bf%e7%94%a8%e9%87%8f%e3%81%ae%e6%9c%88%e5%88%a5%e6%af%94%e8%bc%839%e6%9c%88%e3%80%9c11%e6%9c%88

 

 今月は、先月にくらべて、まあまあ晴天が続いたようです。が、先月同様、電力会社様から電気

を買わなかった日は、1日もなかったようです。やはり、オフグリッド生活はできないのか・・・

 いいえ、そうではありません。

 下の写真をご覧いただくとおわかりになるのではないかと思いますが、11月はそもそも、電気

の使用量が増えておかしくないのです。

 実際、前年の使用量から比べると、約半分ぐらいになっています。これは、9月も同様で、10

月が天候の影響で、今年の使用量が多かったのだということがいえますね。

 前年と比べて、電気の使い方に変化がないとすれば、現在、自宅に設置してある太陽光パネルと

パーソナルエナジーの組み合わせで、ひと月の電気使用量の半分ぐらいは、まかなえている計算に

なりますね。

 さらに、詳しい話は次回へ・・・

 

 

| 代表の日記(つぶやき)

 みなさん、おきずきになりました?

 先日、弊社ホームページを一部リニューアルしました。

 私の自宅に設置した、「パーソナルエナジー」についてや、「オフグリッド」についてのページ

を新しく作りました。

 みなさまの疑問にお答えできるよう、「オフグリッドについてのQ&A」のコーナーもありま

す。

 Q&Aコーナーに記載がなく、お困りであれば、直接お問い合わせいただければ、わたしが、わ

かりやすく答えていきたいと思います。

 もちろん、このブログ上でも、どんどんと情報提供していきたいと思います。

 これからも、G&Eかんぱにぃをよろしくお願いします。

 

 

パーソナルエナジー338

| 代表の日記(つぶやき)

仮設材

2016.11.03

 みなさん、ご存知でしたか?

 最近の、建設現場では、脚立の持ち込みが禁止になっていることを!

 私は、知りませんでした。

 というのも、太陽光発電にかかわる仕事が忙しかったために、10年以上、ゼネコンが管理して

いるような現場に行くことが、ありませんでした。

 でも、工事の依頼がこなかったわけではなく、ただ、迷惑をかけるわけにはいかないので、断り 

続けていましたが、最近、少しは、時間に余裕ができてきたので、少しずつですが、普通の内装の

電気工事もやるようにしています。

 それで、びっくりしたのが、脚立の持ち込み禁止です。

 脚立を持ち込めないなんて、どうやって仕事をするんだ!

 

skys1

up-star1

101

 

 なんと、上の仮設材を、元請け会社が用意してくれるんですね。

 これで、安全に作業ができますが、慣れるまでに少し時間がかかりまして、最初は、大変でし

た。

 でも、安全は、何よりも優先しなければいけないことなので、どんどんと、広がればいいと思い

ます。

| 代表の日記(つぶやき)